レディー

スキンケアは40代こそ真剣になるべき|さらに綺麗になろう

辛い症状への対策

化粧水

敏感肌の人が近年増加しています。その中には自分自身が敏感肌だという自覚を持っていない人も数多くいます。そのため、ここではその症状と原因について詳説していきたいと思います。敏感肌の症状とは主に次のようなものがあります。化粧品や強い洗剤を使用したときに肌荒れが出たり、赤みや湿疹が出ることなどです。人によっては衣服のずれでピリピリとした痛みを伴う場合もあります。この敏感肌の原因は普段の食生活に偏りがあることが多いです。また、敏感肌の人には一定の傾向があります。それは花粉症やそのほかのアレルギー症状を持っていることです。実は敏感肌というのは、こうしたアレルギー症状によっても引き起こされることがあります。

乾燥肌の状態が続いてしまうと、肌のバリア機能は低下してしまって紫外線による影響を直接的に受けてしまいます。そうなると、肌に活性酸素が蓄積されてエイジングが進行してしまうのです。具体的には、シミやシワやたるみが顔に出てくるようになります。また、それだけでなく普段のスキンケアも困難になることがあります。化粧水がしみるようになったり、少しものに触れただけでかゆみを感じるようになります。このようなことにならないために、洗浄力の優しいクリームやミルクタイプのクレンジング剤を使用しましょう。また、洗顔は余分な成分があまり含まれていない固形石鹸を使うようにします。この2つを行うだけでもかなり改善効果があります。